初!巷でにぎわっている「ふるさと納税」をやってみる!Part①

その他

あと約2週間で2019年!

年末になるにつれて「ふるさと納税」というフレーズを見聞きすること多くないですか?

資産運用を始めた投資初心者が「ふるさと納税」に興味を示しました。

そして実際に購入しました!さてどうなるやら・・・。

・ふるさと納税の始め方

私は「楽天ふるさと納税」で始めました。ポイントが付くというのが魅力的ですね!

楽天のアカウントを持っていれば、すぐにでも始められます!

持っていない人はこれを機会にいかがでしょうか?

楽天会員になったらログインをします。

後は商品を選んでお金を払う!

・魅力的な返礼品と実質かかる自己負担額は2000円!

納税となると嫌なイメージしかありませんでした。

ただ、「寄付金は使い道を選べる」「返礼品が魅力的」となると

ふるさと納税って素晴らしい!となりますね。(笑)

そしてなんといっても!実質自己負担額2000円!ですね。

最初に払うのは1万円や2万円など払っています。

「全然お得じゃないんじゃないか!?」と思われますが、しっかりと手続きすれば

2000円で返礼品がもらえるのは良いですよね!

なんといっても日用品もそろえることも出来る!もっと早くやっておくべきでした!

今回は以下のものを購入しました。

・問題は確定申告というハードルと寄付上限額

私は計2万円を購入しました。これが実質4000円(2点で)なるのがすごいですね!

しかし、ふるさと納税は「確定申告」といものがあります。

これをしないと「ただ2万円払って買い物しただけ」になります。

各サイトで手続きガイドがあるので、一度目を通すことをお勧めします。

又、寄付には上限額があります。それは年収などで決まります。

上限額を超えると控除を受けられなくなるのでご注意を!

・申告方法は2つある

①ワンストップ特例制度

寄付する(返礼品を購入)するとワンストップ申請書類が届きます。

それを寄付した自治体に送付すると住民税が控除される。

*年末などは期限があるので注意!

非常に簡単ですね!マイナンバーなど必要な書類があるのでよく確認しましょう!

②確定申告

寄付する(返礼品を購入)すると受領証明書が届きます。

確定申告の申告書を作成し、税務署に提出する。

すると所得税と住民税が控除される。

 

私はFXをしているので人生で初めての確定申告に行きます。

なので②の手順を踏みます。

 

・めんどくさいが「大切な節税」

お金について最近は敏感になってきました。

そんな中、ふるさと納税って?と興味を持ち「普通に買うよりお得!」と感じました。

今は「確定申告」というフレーズで不安ではありますが、これからの人生で絶対に

プラスになると思いやってみることにしました。

「やってみたいけど・・」「不安」という方の背中を少しでも押せればと思います。

 

そしてパート②へ続く!

コメント