[読書]投資初心者のバイブル!インベスターZ!(1巻)

読書

私が株に対して融和的になり参加してみようと思わせ、前進するキッカケとなった1冊です!

漫画と思って侮ることなかれ!投資初心者は読むこと必須!

そんなインベスターZ1巻をプレイバック!

・インベスターZの物語

舞台は北海道にある中高一貫校「道塾学園」。

主人公の財前孝史は入試の成績TOPで入学する。

そして1日目に部活の勧誘で図書館に連れていかれた財前は、図書館の奥にある部屋に連れていかれる。

そして、連れていかれた先では学生が投資をしていた!

中学1年生の主人公が投資の世界に飛び込んでいく!

そんなストーリーです。

・鴨!カモ!かも!

 

私はいま投資の勉強をしています。

まだまだ初心者で、初の初を学んでいたりしているわけです。

2018年はFXとIPO株に挑戦しました。

特にIPO株はよくニュースにもなりました「ソフトバンク」の株です。

それぞれの結果は「損」の言葉に尽きます。

特にソフトバンク株は暴落という結果に終わっています。(まだ保持中)

一応、FXにしても株にしても考えて購入したのですが・・・。

そのような私を表している言葉がこの漫画の冒頭でありました。

 

「ルールもロクに知らないのに首を突っ込むヤツは結局はカモになるんだよ」

はい。まさしくこれ。

「株もFXと一緒で安く買って、高く売るんでしょ?」

なんていう甘い考えと「ソフトバンクは将来デカくなる」という妄想でした。

ソフトバンク上場後、いろいろな情報を知りソフトバンクの意図を考えました。

「なぜ高配当なのか?」「上場する理由は?」「なぜあの公開価格?」などなど・・。

実際に結果が出て「あれカモにされた?」と思うことも無理ありません。

・利回りという言葉

この漫画では1年の利回り8%を目標として資産運用をしています。

総資産3000億の8%というと240億です。

このとき「利回りとはなんぞや?」と思ったわけです。

利回りという言葉を知らない時点で勉強不足ですね。

投資した資金に対して、どれくらいの利益が上がってきたのかを表す数値です。

100万円を5年間で500万円にするには利回りを38%で運用しなければなりません。

今ある資金から利回りを設定して目標金額に設定することが大事ですね。

ちなみに銀行預金だと金利が0.01%なので利回りも0.01%です。

私は目標利回りを6%に設定しようとしています。

・投資はマネーゲームだ!

「投資は遊び!ゲーム!」と作中では書いてあります。

人は「損」するのを恐れます。私もです。

ですが実際に取引をするにあたって○万円・○○万円という金額が動きます。

「自分が稼いだ○○万円をドブに捨てる可能性がある」という恐怖心が生まれると、

取引すらできなくなってしまいます。

そうならないためにゲームと思わなきゃやってられないということでしょう。

私は楽しむ・遊ぶという考えを持つようになり、そういった恐怖心も薄れてきました。

これも実際に取引しないと分からない部分と思います。

・投資に勉強はいらない!

習うより慣れろ!勉強なんて必要ない!

主人公が部長から言われた言葉です。

FXも株も取引きする前と後では見える景色が変わりましたし、

掴む情報も変わりました。

たぶん、取引する前でウダウダしていたら今の感覚はありません。

だからやってみること!確かめること!が大切です。

勉強と思って少額でもいいからやってみることをオススメします!

コメント