[株]そういえばソフトバンク株ってどうした?(・´з`・)

2018年12月に初めて株を買いました。

そして年始そうそうに売りました(爆)。

保有期間は14日でした・・。

・思い出の初買い付け

初めての株売買がIPOという初心者には難しい取引をしたと思っています。

それが日本株の「ソフトバンク(9434)」でした。

[株]投資初心者がIPO株を買ってみた(ソフトバンク)

各CM・広告を大々的に出し、多くの人を巻き込んだ大イベントとなりました。

私がソフトバンクに投資したいと思った理由は以下の通りです。

  1. 配当利回りが良し(5%)
  2. 将来性に魅力がある
  3. 大企業が倒産するはずない

株は「企業を応援するもの」という考えもありました。

特にトヨタ自動車との提携は自動車業界に身を置く私にとっては「持ちたい」と思った一番の

理由したね。

「これからは自動運転だ!」

「ITなどの会社が自動車業界と大きくかかわり、未来を支えていくんだ!」

と思った人もいると思われますし、私は思いました。

・苦い株投資家のスタート

結果は、公募割れで1500円から1282円まで落ちました。

調べたところ、IPOの戦略としては当選したら上場直後に売るという

鉄板の戦略があるそうで・・・。

ただ上場前にいろいろな悪材料がソフトバンクから出てきます。

  • ファーウェイ問題
  • 通信障害問題
  • 市場悪化
  • paypay問題

なんといっても「通信障害で契約者1万人解約・ファーウェイ機器切り替えに多額の費用が掛かる」

という問題にインパクトがあり、失意の売りという感じだったと思います。

・迷う出口戦略

もはや塩漬けの状態となり、徐々に上昇するのを待つ局面になりました。

他のIPO価格で買った人たちも悩みの種だと思いますが

「この株、どうすればいいのだろう・・・(´_ゝ`)」という状態です。

[株]投資初心者がIPO株を買ってみた(ソフトバンク)Part2

売るにも下げすぎという状態で残された選択肢としては・・・。

  1. ガチホールド
  2. 低い株価での買い増し

でした。

配当狙いとして買い付けたこともあって、ホールドという選択肢をとりました。

買い増しは怖いと思ったので見送りましたが、これからの信頼回復と業績を期待しての考えです。

・ソフトバンクの思惑を考えてみた

1月にTOPIXに組み込まれる時までには

「少しは上昇するだろう」

という思いと

「高配当だから」

という思いがありました。

ただ「なんで高配当と株主のことを思ってそうな企業がこんな自体になっているんだ?」

と、考えて情報を集めてみました。

孫正義会長の側に立って、今回の「ソフトバンク上場」を考えてみたかったのもあります。

考えてみた結果は・・・・

  1. 資金を作り別の場所・分野に投資すること
  2. 親であるソフトバンクGも株を持っているのでそちらに資金を供給するため
  3. 通信事業に見切りをつけて、別事業に注力すため

いろいろなニュースを見ると、上場によって得た資金を使って将来に有望なことに投資する

「ビジョンファンド」として資金を利用すると記事がありました。

又、ソフトバンクGが100%持っていた株を売却することにより、

グループ自体の利益は下がります。

そして売れるうちに売り資金を調達できるタイミングが今だ!と判断したのだと考えます。

この考えのもう一つの考えとしては「通信事業の先行きがあまりよろしくない」

ソフトバンクは考えているかもしれません。

現在は楽天の参入や格安SIMといった競合が多くあります。

その中で「これ以上の成長などが見込めない」という予測も入っていのかもしれません。

あくまで私の考え・推測ですが・・・・。

・米株の配当投資に魅力を感じる

そんな中、アメリカでは株価の暴落がありました。

もちろん日本もそれにつられて引き下がっています。

その時は配当投資について情報収集中だったので、暴落の波に乗り切れませんでしたが

実績ある企業が比較的に安く手に入ることにチャンスを覚えました。

最近上場し身近に存在している企業より、身近ではなく情報も少ないが配当増配年数が長い

遠くの企業に投資をしたいと考えました。

[株]米株投資スタート!

あとは日本よりアメリカ市場の方が成長性があると思ったのも理由になります。(人口比率など)

・ソフトバンク売却!判断は正しかったか?

アメリカの株価暴落の回復が少しづつ現れた年始ですが「まだ遅くはない」と思いました。

そこで資金調達のために持っている株を売却して、米株投資の資金にあてることにしました。

ソフトバンクの損益は「-31070円」でした。(200株売却)

その時の株価は1346円でした。今となっては1400円以上まで上がったので

「少し後でもよかったかな?」と思うこともありますが後悔はありません。

・これからのソフトバンク株について

2/5にソフトバンク(9434)決算発表がありました。

営業利益は増、売上高も増、スマホの累計契約数も前年度比10%増とプラス材料が

多い決算内容でした。又、電話料金の値下げも検討していないような内容の発言もありました。

「安いのが欲しければYモバイルを使えばいい」といったことからソフトバンク自体の値下げは

しない方針の発言をしました。

ただ利用者側としては「安い方が良い」というのが本音だと思うのですが・・・。

今はモノがあふれているのでどれだけ差別化できているのか疑問だったりします。

私だったら安心のドコモやauといった企業の方に目がいってしまいます。

ただ、良くも悪くもソフトバンG傘下の会社です。

いろいろな投資や提携を行っている大企業の下で大きな役割を持つ可能性も秘めている

部分は否定できません。

翌日には親であるソフトバンクGも決算を発表しました。

そこで「株価が安すぎる」ということで、ソフトバンク上場で得た資金を「自社株買い」

「負債返済」に充てることを宣言しました。

更に「通信子会社は今後増配できる」といいた発言もあり、

ソフトバンク株を持つ株主に期待を持たせる内容だと思いました。

反面、「ソフトバンク株主が犠牲になった」資金調達のために利用されたという

思いも生まれると思います。

現状として株価はIPO価格まで達していません。

これがIPO価格まで上昇しているなら孫正義会長の発言に期待が持てますが、

私的には「なんかなぁ~」と思っています。

・まとめ

ソフトバンク株は売りました!(資金回収のために)

初心者や素人が安易に参加できるほど株は甘くない

ある程度の知識は持ってスタートを切るべき

今後の成長・配当に期待できる可能性がある

でも、なんか裏切られた気分でもある・・・。

 

コメント