[株]米株選びの基準について

米株投資をスタートさせました。

実際に銘柄を選んで買い付けを行いましたが、投資初心者(トーシロー)

がどういった基準で選んだかをご紹介します。

・見切り発車で買いました

1/7に買い付けを行いました。

勉強はそこそこでのスタートです。

この時点で勉強した内容としては・・・

○米株の高配当投資とは?をブログで調べる

○各ブロガーさんの実績と保有銘柄を見る

○各ブロガーさんの2019年度版のおすすめリストを見る

○高配当貴族と呼べる銘柄を調べる

といったことをしました。

特に「バカでも稼げる「米国株」高配当投資」を読み終わり、

「どうしようか?」「買いたい・・」といった気持ちになったのは前日の朝でした。

2018年年末の米相場下げがあり「チャンスを逃した」と思いました。

「安く買って高く売る」を狙うのは人間の性ですね。

その後も年始にアップルショックで少し下げが起こり、

これから上昇回復に向かうといった局面を迎えていました。

後悔もしましたが、頭を切り替えて考え直した結果

「まだチャンス」と思ったので買い付けを行いました。

バフェット太郎さんの本にもこうありました。

「暴落を待ってから投資すればいいじゃんって思うかもしれませんが

それは欲豚のあさましさってもんです。」

暴落を待っていては「一生投資できない」と判断し機会損失を

減らすために少額の投資を行いました。

・購入検討銘柄

主に高配当貴族と呼ばれる銘柄を候補としてます。

その他に、米株投資されている先人の保有銘柄も候補としてます。

・通信サービスセクター

  1. AT&T(T)
  2. ベライゾンコミュニケーションズ(VZ)

・エネルギーセクター

  1. シェブロン(CVX)
  2. エクソンモービル(XOM)

・ヘルスケアセクター

  1. アッヴィ(ABBV)
  2. カーディナルヘルス(CAH)
  3. ジョンソン&ジョンソン(JNJ)

・一般消費財セクター

  1. レゲット&プラット(LEG)
  2. ターゲット(TGT)

・金融セクター

  1. フランクリンリソーシズ(BEN)
  2. Tロウプライスグループ(TROW)
  3. ウェルズファーゴ(WFC)

・資本財セクター

  1. エマソンエレクトリック(EMR)
  2. イリノイツールワークス(ITW)
  3. スリーエム(MMM)
  4. ロッキードマーチン(LMT)

・生活必需品セクター

  1. キンバリークラーク(KMB)
  2. ペプシコ(PEP)
  3. コカコーラ(KO)
  4. アーチャーダニエルズミッドランド(ADM)
  5. プロクター&ギャンブル(P&G)
  6. アルトリアグループ(MO)
  7. フィリップモリスインターナショナル(PM)
  8. クラフトハインツ(KHC)
  9. ゼネラルミルズ(GIS)

・公益事業セクター

  1. コンソリデーテッドエジソン(ED)
  2. サザン(SO)
  3. デュークエナジー(DUK)
  4. アメリカンエレクトリックパワー(AEP)

・ハイテクセクター

  1. IBM(IBM)
  2. シスコシステムズ(CSCO)

・不動産セクター

  1. フェデラルリアリティインベストメントトラスト(FRT)*SBI取引無し

・素材セクター

該当なし

・いろいろと見て私の基準を作りました

ベースとして先人の知恵をお借りして買い付けの基準やルールを作りました。

これに沿って買い付けを行うつもりではいます。

①配当利回りは3%以上

②ROA(純資産利益率)が10%以上

③売上高営業利益率が15%以上

④フリーキャッシュフローがプラス

⑤営業キャッシュフローマージンが15%付近

⑥相場・景気動向などを加味し「セクター」を意識する

⑦PERが5~15倍以内

⑧PBRが0.5~1.5倍以内

⑨ROEが5%以上

⑩競争優位性が高い銘柄を意識する

⑪株価が安いからと言ってすぐに飛びつかない

⑫株価が安くなっている理由を考える

ただ、勉強を継続し経験を積むことによって変更になります。

・マネから始めればOK!最初の1歩は保有されている銘柄!

私の基準を作った上で銘柄を選ぶわけですが、すぐに壁にぶつかります。

米株投資の「第一歩はどうしたものか?」といった部分です。

全体的に相場が下がったわけなのである程度の株価は下落しています。

ですが「株価が下がるのは嫌だ」と思うわけです。

「ほかの人のマネをするのは注目浴びていてチャンス少ない」とも考えてしまいました。

そもそも「この企業がどのような見通しになるのかわからない」という調査・研究が

されていない中での見切り発車なので不安に感じるわけです。

ただ逆の見方も考え「この人が保有しているから大丈夫」と言い聞かせて

買った部分もあります。

未来のことはわかりませんので、ほかの人が調査・研究したものを参考に

私の基準で買えば少しは保険になると思いました。(あくまで自己判断です)

次は更に保険を掛けるために「ディフェンシブ銘柄」を調べて不況でも大丈夫そうな

セクターから選ぶことにし、「ヘルスケア」「生活必需品」「公益事業」を押えました。

しかし、絶対はありませんので「マネしても必ず成功する」という考えではなく、

「私が選んだ銘柄からお金を運んできてくれると嬉しいな」というスタンスです。

・買い付けした後は・・・

更に買い付けを出来るように資金の準備をします。

貯金から移動・節制などお金の移動の意識を高めていく必要があります。

どれだけ資金を投資に使えるかが肝になる戦略だと思っているので。

株価のチェックは仕事終わりに見るようにしています。

午前中に米の相場結果が出るので、気になったら見るようなスタンスで行こうかな?

と思っていますが試行錯誤中です。

ただ、下落しても売らないことがベースなので「見なくてもよい?」と思っています。

購入候補銘柄の調査・研究・まとめもして行きます。

全てにおいて「株価が安い=チャンス」ではありません。

「株価が安い=リスク有り・問題がある」といった考えを持っています。

「会社に問題がある?」「世間が変わっている?」といった今起きている現象を分析し

どういったアクションを取るか?解決策は?といった所を検証してすこしでも運用リスク

を少なくしていくことが重要になると思っています。

他の人も公開していますが、私なりの考えもありますしこういった作業が好きだと感じて

いるので楽しくできればと思っています。

・まとめ

機会損失を恐れること。

購入する銘柄の候補を上げること。

私の買い付け基準やルールに沿って買い付けしていくこと。

先人のマネをするのも初心者投資の保険の一つ。(ただしあくまで自己責任)

投資資金の調達。

株価のチェックや流れ・雰囲気などを株式取引に慣れること。

勉強!情報収集!力を発揮できるように準備!

といったところです。

 

 

コメント