[読書]自分を安売りするのは”今すぐやめなさい”

読書

初めてのビジネス書ということで私が初めて読書という「趣味」を作るキッカケになった1冊です。

収入は悪くない、やりがいのある仕事をしている、人間関係は悪くない。

だけど「本当にこのままでいい」と自信を持って言えない人にオススメの1冊です。

ここでは印象的に残ったフレーズや考え・思いを紹介していきます。

・稼ぐという概念。社会への貢献。

人は仕事をしお金を稼いで生活しています。大手企業に入れば安泰に過ごせる・・・。

昔はこの考え方が主流でした。そして長年に渡り仕事をし定年を迎えて余生を暮らす。

「幸せだった」と思いそして一生を終える。これが今までの世の中でした。

しかし、今は世の中が変わりました。

特に「成果主義」という言葉が象徴的になりました。

今までは「年功序列・長く勤めれば給料も上がる」という考えが主流でした。

それが「価値がある仕事をしているかどうか?」という時代になりました。

じゃあ「価値ある仕事って?」と思いましたが、本にはこうありました。

 

「お金を稼ぐこと=社会への貢献」

「社会の貢献度=自分の価値」

 

特にここ数年は「youtuber」という人達が注目されていますね。

広告収入でお金を稼ぐ→そのために動画を見てもらう→そのために価値ある動画を作る。

動画を見てもらうには「価値ある」ものを作らないといけません。

それが馬鹿げたものであったり、娯楽であったり何でもです。

ですがyoutuberで稼いでいる人もいます。

それは「見る価値がある」から見られています。

見る価値があるだけで見ている人の役に立っているということだと私は思います。

(私はめっぽう見るほうですが・・・)

そういった人にならなくちゃいけないと感じました。

 

・自分を高く売るということは?

ここでタイトルが出てきますね。早いです。(笑)

自分の価値を上げてそれを評価してもらうことですね。

そのために行動する。

「自分には出来ない」「やれる自信はない」「不安」みたいな言い訳はNGですね。

アナタがいま出来ることも、元を辿ればできなかったことです。

努力し勉強してきたらこそ今の自分があり、能力を身に着けたと言えます。

「人間には出来ないことを出来るようにする力がある」とあります。

勇気を持ち、努力すれば何でも出来るのです。

ただ、「頑張れば必ず理想の結果が得られる」というものではありません。

私自身も学生時代は「バスケットボール」をしていました。

仲間と頑張って練習して試合で勝ちたいと願いましたが、1勝も出来ずに終わりました。

頑張って練習したのに1回も勝てなかった。悔しいですね。

ですが、今思えば「効果的な練習が出来ていたか?」と思うことがありました。

自分たちの弱点を補った練習が出来ていたか?ということですね。

「能力は努力の差で決まり、結果・成果は仕組みの差で決まる」という言葉があります。

ただ頑張るのではなく、頑張り方を考えなくてはならないということです。

なので「自分達を補える仕組み=練習が出来ていなった」と思っています。

これは自分の価値を高める時、自分を高く売る時も一緒です。

 

私は「自分の価値を高める。周りからの評価を高める」「価値を高めるために、仕組みを考え努力する」

これが自分を高く売るということだと思います。そしたら必然と収入も上がると思います。

 

・経験という名の資産

本には「失敗経験を積むほど、あなたの価値は上がる」とあります。

私は最近、「考えるだけではダメ!やってみる!経験する」と言ったことを意識するようになりました。

人は行動して経験することによって学びます。

それが成功でも失敗でも関係ありません、それが結果なので経験になります。

考えるだけで終わると結果が出ないので意味がありません。

「成功の反対は失敗ではない。失敗を恐れて何もしないことだ」という言葉あります。

そして「魅力のある人は経験を語り、魅力のない人は知識を語ります」。

行動する・経験することで私は資産になると思います。

その資産を増やし、結果を出したり周りに語ることで魅力的な人となる。

そうすれば周りからの評価も上がるし、そこから収入も増えるチャンスも生まれると思っています。

 

・ハードワークの必要性

ここまで「行動」して「経験」を積むが大事と書きました。

しかし、こう思う人もいるでしょう。

「時間がない」「暇がない」「量を増やしたくない」など・・・。

だったらやらなくて良いと思います。ただし自分を高く売れませんが・・。

「無理してでもやる」「睡眠時間を削ってもやる」と言う人もいると思います。

基本的にはオススメはしませんが、時と場合によっては私もします。

要はハードワークしてくださいということです。

世の中には「楽して儲かる」「簡単に儲かる」などという題名の本が多く出ています。

ですが、大概その本を書いる人はハードワークしています。

作るのは楽に出来るかもしれませんが、それまでの経験などは苦労してきたのだろうと思います。

ハードワークしない・苦労しないで成功している人はいないということです。

いるとすれば宝くじで1等を当てたくらいの人ではないでしょうか?

ハードワークというは人によってとらえ方が違うと思います。

私は「空いている時間や休日に学ぶことをする」ということがハードワークと思っています。

セミナーに参加したり読書をしたりすることでもハードワークと思っています。

(読者はマンガや娯楽雑誌を除くものです)

 

・今が最高の人生になっていない理由

今の自分に至るまで様々な選択肢があったと思います。

それらの選択の基準ってなんだったのでしょうか?

少なくとも過去に選択を求められた瞬間、自分に悪くしようと思って選択してはいないと思います。

むしろ良いほうを選択したに違いないことは確かだと思います。

振り返ってみてどうでしょうか?

あの時、「面倒だからと言って他の選択を選んでしまった」「なんで勉強しない選択を選んでしまったのだ」と後悔することもあると思います。

ですが今の人生はいつも自分にとっていいほうを選んで積み重ねているものだと思っています。

「今の人生は最高ですか?」

最高でなければその理由はなぜですか?これまで自分にとって最善の選択をしてきているのに・・・。

本にはその理由として「理想を描いていないから」とあります。

どんな人生にしたいか理想を描いていないから、その理想に対して逆算して行動・選択を決められていないとあります。

なのでビジョンを持ちましょうとあります。ビジョンじゃなくても目的や目標も持つことにより、必然的にハードワークするようになると思っています。

 

・読書をする意味

リアルでいろいろな人の話を聞くのは凄く勉強になります。

しかし、なかなか面白い人に出会えないこともあるし会話が苦手という人もいると思います。

そういう人は読書をオススメするとあります。

本を通して作者と合うことが出来る。本には作者の考えが詰まっている。読書量におうじてあなたの知っていることの幅は広がるとあります。

これを見たときに趣味に読書を加えようと思いました。

本を見るだけで他の人の考えていることがわかるのですから。

 

・感想

自分の価値を高めるにはどうすればいいか?

この本にはそれが書いてありました。そしてそれを習慣にすることで更に価値を高める。

その手段が書いてある1冊です。

私自身、今までやってきたことが書いてあったり「他の人の考え方」を知る一歩目の本でしたので印象に残る1冊でした。

コメント