[FX]為替急落!リアルタイムで感じるFXの恐怖!

FX

2019/1/3 AM7:30に為替が急落しました。

軒並み前日比3円ほどの下落。

早く起き、リアルタイムで見ていたので感想をお伝えします。

・急落の前兆

今日はAM6:00に起き、おもむろにトレードをやってました。

その時は108円当たりでした。

その時は「レンジ相場くさい」ということで東京時間まで待機しようと朝食の

準備をしていました。

といっても正月なのでお雑煮を作っただけですが。

チャートを眺めていると「アップル業績予想を下方修正。中国での業績不振」

このニュースが流れました。このときAM6:30頃。

その時はそこまで動きませんでしたが、片づけやらしてまったりしていると・・・。

AM7:30頃に大暴落が発生!滝のように落ちました。

レート一覧で軒並み前日比-3円ほど下がる急落。

注文画面を見ると目まぐるしく変わる数字とスプレッド159の表示。

監視していたのはJFXでしたが・・確かスプレッドは・・・・。

業界最強準の0.3だったような・・・。笑

しまいには数値表示が消え、何もできない状態に・・・。

初めての経験。体がフリーズするとともに、自然と笑いが込み上げてきました。

それほど衝撃でした。

その時はアップルの業績下方修正だけで「ここまで行くか!」

いやー。大笑い!利益とか損とか頭から飛びました。

・引き金はアップルだけど他の要因もある

どうやらその他にもいろいろな要因があるっぽいですね。

アップル下方修正→ダウ先物下落がトリガーですが・・・。

他の大きな要因としては・・

・米政府機関閉鎖の長期化

・世界景気減速懸念(特に中国)

・リスクオフ相場における円買い

これからもまだまだ○○ショックという言葉が出てくると考えています。

特に中国が関わっているものとかですね。(輸出入・販売・など)

特に中国製造PMIが50切ったのが中国経済後退との意見もありますので

監視が必要ですね。

初心者にはまだまだ考えなくなくちゃいけない部分もありますので、一つの戦力として

「手を出さない」という選択肢もありなのかな?と思っています。

・稲作の収穫の様に刈り取られる

一瞬の出来事で約4円ほど動きました。

これはリーマンショックの2009年以来の値幅らしいですね。

その後は1時間かけて反発しました。その値動きは約3円です。

ツイッターなどでもロスカットを強要させられ退場となる人たちが多いようです。

私もその一人です。ロスカットではなく逆指値での損切でしたが・・・。

3か月前くらいから豪ドルのスワップ投資をしています。

先月も購入しましたが、その時の逆指値は72円でした。

72円の逆指値の理由は・・・・

・リーマンショック以来の下値が約71円くらいだった。

・段階的に逆指値を変更しようと考えていた。(急落は考えていなかった)

・余剰資金は入れてあったのでロスカットはしない金額だった。

まあ油断ですね。

豪ドルは74円まで上がりましたが、現在の積み立ては行っていません。

戦略を再考中です。

・今回の実損額

今回の実損はマイナス約10万円でした。

急落という経験の対価(授業料)は高くつきました。

切られたのは1.5万通貨です。(去年に1.3万通貨。この2日間で0.2万通貨を買いました)

ここからどうするか?同じ失敗を繰り返さないことを胸にこれからも頑張ります。

・リスク管理を大切に!

いろいろな人が今回の刈り取りで損をしています。

そういった中で逆指値や分散などのリスクヘッジ・リスク管理することの重要性を

教えられました。

「余剰資金があるならロスカットしないで含み損増だけで済んだのでは?」と思います。

私自身もミスだと思っています。

ただやってしまったのは仕方ありません。

くよくよしてられません。

他の人は大損してもすぐに入金してスワップ投資を再開している人もいます。

これはひとえに「リスク管理していた」からすぐに立ち直ることも出来たのでは?

と、考えます。まあ慣れなどもありますが・・・。

ですが「FXの取引自体がリスクを取る」ということなので、手を出しにくい

と思うかもしれません。

ですが、「FXで稼ぐ」ということはこういうことなのです。

損をするひともいれば得した人もいるわけです。

そのリスクを考えつつ「チャンス」と考えるか「投げ銭」と考えるか

判断して、運用していけばいいと思います。

コメント

  1. […] 為替急落!豪ドルポジション刈り取られ! […]